オンタリオ州ではイギリス、フランス、アメリカの各州よりも車が多く生産されています。 2016年だけでも230万台。部品会社700社と金型・ツール会社500社が世界の5大メーカーをサプライヤーとして支えています。 北米2番目のITクラスターを擁しているため、自動運転革命のリーダーとなる態勢が整っているのも頷けます。 実際、ウィンザーからオタワまで延びる500マイル地帯は、CV/AV技術全般を含めた自動車関連リソースの集積地として世界有数です。 すべてはオンタリオ州で起きています。 Uberの拠点もここにあります。

自動車業界、特にオンタリオ州で、自動運転者技術の最前線にいるのは非常にエキサイティングな時期である。

ラケル・ウルタスン
ウーバーATGのトップ

Photo - ラケル・ウルタスン, ウーバーATGのトップ

2017年、ウーバーは混沌している自律運転車の分野でトップに立つためには、自動運転車をよりスマートで安価なものにする助けが必要であると判断しました。カリフォルニア州に拠点を置く世界的な輸送会社は、オンタリオ州のトロントに直行しました。

昨年だけでも、フォード、GM、グーグル、ウーバーはオンタリオ州の自律自動車研究を加速するために10億ドル以上を投資しました。オンタリオ州の自動運転車に関する最新情報を入手するためには、下記のニュースレターにサインアプしてください。

毎月更新のニュースレターをご希望の方はサインアップしてください。

私たちは、将来の自動運転車を開発するために、革新的で実績のある人材および偉大な大学、新興企業、革新的なサプライヤーの強力なエコシステムのあるオンタリオ州を、自信を持って選択しました

マーク・ロイス
グローバル製品開発担当者副社長、 購買およびサプライチェーン
ゼネラルモーターズ

個人情報や財務情報を含めないでください

このサイトの残りの部分は英語のみとなります。

シェアする

フィードバック:このページはご参考になりましたか?

Back to top